パニック障害を薬なしで克服したブログ

〜パニック障害は必ず治せる〜

日本人のメンタルを支える、先人の知恵

 

こんにちは

パニック障害専門
コンサルタント

なおです。

「日本人は
不安になりやすい人種」

って知っていましたか?

「ええっ!損な人種だなぁ…」
「それはイヤです…」

そう思ったかもしれませんね。。。

でも、残念ながら
これは遺伝子レベルで決まっています。

不安を感じやすくなる
SS型と呼ばれる不安遺伝子を、、、

日本人は
受け継いでいます。

日本人のSS型(不安遺伝子)の割合は
全体の68.2%を占めます。

なんと日本人の約7割が
不安を感じやすいのです…!

ちなみに、
アメリカ人のSS型(不安遺伝子)の割合は
全体の18.8%。

うらやましいですよね…。

でも、、、

だからこそ、、、

日本人は工夫をしてきました。

「日本人はすごい!」
という話の前に…

ちょこっとだけ
難しい話をします。

僕たち人間が
不安やパニックが起きないように、

心を安定させる
脳内ホルモンがあります。

それがセロトニン
というもの。

これは、
パニック障害を克服する上で
欠かせないものです。

そのセロトニン
材料の一つが、、、

トリプトファン
というアミノ酸

「カタカナばかりで
わけわかりません(T_T)」

と思うかもしれませんが、
要は…

トリプトファン
不安を和らげるために大事だよ」

ってことです。

トリプトファンは、
食事から摂取できます。

ある研究で、
朝食にどれほどの
トリプトファンが含まれるか?

を調べたそう。

すると、、、

洋風の朝食
(サラダやオレンジジュース)
にはトリプトファンが少なく、

和風の朝食
(鮭や納豆)
には多くのトリプトファン
入っている
ことがわかりました。

つまり、、、

==============
日本の和朝食には
メンタルを整える成分が
豊富に含まれている

==============

ということ。

日本人ならではの
先人の知恵があったのです。

日本人は
SS型(不安遺伝子)が多からこそ、

日常的な習慣から
それを補えるようになっているんですね…!

だから、
現代の僕らにできることは、

先人の知恵を受けて
和朝食を食べること。

「何を食べればいいんだろう…?」
と悩むのであれば、

・鮭
・納豆
・味噌汁
・卵
・玄米

これらをぜひ
食べるようにしてみてください(^^)

朝からトリプトファン
しっかり摂取して、、、

安定したメンタルを
手に入れられるようになりますよ。

パニック障害の克服や
メンタルの調子は、、、

日常的な習慣で
手に入れられます。

 

パニック障害
必ず治せる!

なお

追伸:

僕は、時間がない朝は
卵と納豆をご飯にぶっかけています(笑)

お手軽ながらも
メンタル栄養満点です。

 

 

【タイプ診断】パニック障害の4タイプ

こんにちは。

パニック障害専門
コンサルタント

なおです。

パニック障害に対して、
自分がどういう立ち振る舞いをしているか?

ざっくりと分けて
4つのタイプがあります。

1:克服決心タイプ
2:模索タイプ
3:忍耐タイプ
4:絶望タイプ

この4タイプの中で、
一般的に多いのは、、、

2:模索タイプ
3:忍耐タイプ

です。

ただ、、、

パニックを克服できる
可能性が高いのは…

1:克服決心タイプ
2:模索タイプ

です。

これらは、
パニック障害の解決に向けて
積極的な姿勢を取れています。

一方で、、、

3:忍耐タイプ
4:絶望タイプ

これらは、
パニック障害に対して
受け身になってしまっています。。。

「私は、どのタイプなんだろう…」
「大丈夫だろうか…」

そう、不安に
なってしまったかもしれませんが…

安心してください。

僕のこのブログを
読んでいる時点で、、、、

===============
2:模索タイプ
に当てはまっている

===============

ことになります。

パニック障害をなんとかしたい」
「何か情報が欲しい!」

と、思ってくれているからこそ、
読んでいるわけですから(^^)

そして、、、

パニック障害
克服するための

大きな関門がもう一つ
あります。

それが、、、

================
行動を【継続】すること
================

これが、
本当に難しい。

たとえば、
パニック克服に向けて
何か模索するにしても…

・本を1冊読むだけ
・ネットで1回検索するだけ

では、なかなか
本物の情報に出会えません。

パニック障害
本質を無視した「ニセ情報」なんて
この世にたくさん落ちています…。

(「これさえ飲めば簡単に治ります!」とか…)

模索を【継続】し続ける
ことが大切。

そして、

パニック障害の本質をついた
本物の情報に辿り着いたとしても…

治していくための行動を
また【継続】していかなければいけません。

それは、運動だったり
日光浴だったり栄養管理だったり
ストレッチだったり瞑想だったり…。

色んなことを
【継続】することが大切。

それが、
本当に難しい…。

だから、
一般的にパニック障害
克服できる人が少ないんですよね。。。

僕はその仕組みを
知っているからこそ、

こうやって“忖度なしの情報”
ブログで発信したり、、、

治るための行動を
継続できる環境を作ったり
しています。

1人でも多くの人が
パニック障害から
解放されるために。

これからも
色んなことをお伝えしていくので、
楽しみにしていてくださいね。

パニック障害
必ず治せる。

なお

追伸:

ちなみに僕は
4:絶望タイプ

から

1:克服決心タイプ
に変わった人間です(笑)

諦めなければ
タイプも変えられる。

希望を捨てずにいきましょう!

 

半身浴はNG!?

こんにちは。

パニック障害専門
コンサルタント

なおです。

12月となり
冬も本格化してきました。

寒いシーズン
到来ですね。。。

北海道の友達からは
雪の写真が送られてきました↓↓

どうですか?

2枚目をみて、、、

「あれ?これは富士山?」
と思いませんでしたか?

はい、僕も
同じリアクションをしました(笑)

実はこれ、
富士山ではなく、、、

羊蹄山(ようていざん)
という北海道の山です。

富士山によく似ていることから
蝦夷富士(えぞふじ)」なんて
呼ばれているそうです(^^)

僕は雪国出身ではないので…

積もった雪を見ると
子供のようにテンションが
上がってしまうんですよね〜(^^;)

さてさて、

そんな冬のシーズン。

あなたは、

・お風呂に入っていますか?
・シャワーでサッと済ませていますか?

現代人の
ライフスタイルとしては、、、

シャワーでササっと
終わらせる人も多いと思います。

でも、、、

パニック障害
抱えている人は、

ぜひ、お風呂に入ってほしいです。

それも、
半身浴ではなく全身浴

肩までしっかりと
浸かって欲しいです。

なぜかというと、、、

=================
首を温められるから
=================

寒いシーズンは
ついつい肩がすくんでしまいます。

そのため、、、

・肩こり
・首こり
・全身の血行不良

が起きやすくなる。

これが、
実は問題なんです。

首には自律神経を整える
大事な大事な
機関が備わっています。

だから、
首がこり、血行が悪くなると…

自律神経が乱れ、
メンタルを崩しやすくなります。

だからこそ、
お風呂にゆっくりと入って、、、

肩、首まで
しっかりと浸かって、
温めてあげて、、、

血行を良くして
あげましょう。

「でも、全身浴って
体に負担かかるんじゃないですか?」

「半身浴の方が
体にいいって聞きました」

そう思うかもしれません。

たしかに、半身浴は、

『水圧がかからない分、身体への負荷が少ない。
心臓や肺が弱い人や、高血圧の人にとって
メリットがある』

とされています。

とはいっても、、、
昔の人はみんな
全身浴でした。

さらに、、、

それに、半身浴では
肝心な首がお湯に浸からないままです。

今、このシーズンは
メンタルケアが特に重要。

だから、

極端に心臓や肺が弱い・高血圧な人以外は、、、
ぜひ全身浴をやっていきましょう。

首を温めて
自律神経を整える。

日常でできる
お手軽メンタルケアです。

ぜひ試してみてくださいね。

今日も最後まで
読んでいただき、

ありがとうございました。

パニック障害
必ず治せる!

なお

追伸:

お風呂に限らず、日常的にも
首を冷やさないようにすることが大切。

僕はこれを
愛用しています(^^)

 

 

 

咄嗟にできるパニック対処法

こんにちは。

パニック障害専門
コンサルタント

なおです。

いざ、不安や発作が起きそうな時、

「やばいやばい」
「どうしよう!」

と、慌ててしまいますよね。。。

僕は、パニック発作に対する
色んな対処法をお伝えしていますが…

その対処法を全部覚えるのは
実際問題、難しいし、、、

発作が出た時には
それどころではありません。

そこで今日は、

「咄嗟にできるパニック対処法」
をお伝えします。

とりあえず
“簡単にできる”
に特化した方法。

・道具はいらない
・持ち物もいらない
・大きな動きもしない

とりあえず、この方法だけを
覚えておいてください。

一体どんな方法か?

それが、、、

================
息をながーーく吐いて
脱力する

================

いま、一緒に
やってみましょうか。

特に激しい動きはしないので、
外出先でも実践できます。

周りの目も
気になりませんからね(^^)

では、一緒にやってみましょう。

【1:息を大きく吸って】

息を、大きく
ゆっくり吸います。

肺が膨らんでいくのを
感じてください。

【2:ながーーーくゆっくり吐く】

ふぅ~~と
緩やかに吐いていきましょう。

力強く吐かなくてOK。

鼻からでも
口からでもいいです。

【3:肩の力をストンと抜きながら】

息を吐きながら、同時に
肩の力を抜いていきましょう。

人間の体って
何もしていなくても、
意外と力が入っています

ましてや、不安やパニックが
きている時は、
必ず体がこわばっています。

体の筋肉が
全部、液体になったように、

だらーんと
力を抜いていきましょう。

1:息を大きく吸って
2:ながーーーくゆっくり吐く
3:肩の力をストンと抜く

何度か繰り返して
試してみてください。

気分が少し
落ち着くと思います(^^)

「でも、なんで
深呼吸と脱力がいいの?」

それは、

=================
体から脳に
信号を送っているから

=================

わかりやすく
説明しますね。

普通は、人間は
脳から体に信号を出しています。

僕らの体が動いているのは、
全て脳の命令があるから。

ただ、、、

パニック発作においては
脳の誤作動(T_T)

脳が間違った信号を出して、
体が苦しい思いをします(動悸・過呼吸など)

だから、
体の方から教えてあげる。

いま私は、穏やかに呼吸をして
脱力をしている。。。

リラックスしているんだから、
緊急事態じゃないんだよ。
(だから緊張しなくていいよ)

というメッセージを
体から脳に送ってあげます。

そうすることで
脳が、、、

「あ、体がリラックスしているから、
この発作は誤作動なんだな!」

と気付いてくれるのです。

体から脳に教えてあげる。
信号の逆輸入

だから、発作の時に
深呼吸&脱力をすることで
落ち着くことができます。

ただ、一つだけ
注意が必要。

パニック発作は、
小発作→中発作→大発作
と、どんどん大きくなっていきます。

大発作になると
なかなか手がつけられないので、、、

不安を感じたり
パニックの予感がしたら、、、

早め早めに
対処法を行なってくださいね。

こうやって、
少しでもコントロールできるように
なっていけば、、、

パニックに対する恐怖も
少しずつ薄れていきますよ。

ちょっとずつ
頑張っていきましょう。

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

パニック障害
必ず治せる。

なお

追伸:

などの
飲み物を持っているときは、

ゴクゴクと
飲むようにしてみてください。

それも即効性のある
対処法の一つですよ(^^)

 

 

【必見】パニックを治す第一歩

=====================
脱!!パニック障害
WEBセミナー&説明会
10月30日(月)夜20時~

【大人気受付中!】
無料の参加予約はこちら:
https://retain-life.com/webinar10lp/
=====================

こんばんは。

パニック障害専門
コンサルタント

なおです。

いよいよ明日、

「脱!!パニック障害
WEBセミナー&説明会」

を開催します。

こうやって誘致するのは、
これで最後です。

参加できるのは、
フォームより予約した方のみ。

参加は『無料』です。

最後にすべり込み予約する↓↓
https://retain-life.com/webinar10lp/

・・・・・・・・・・・・・・

さて、、、

パニック障害
薬なしで克服するための、、、

第一歩。

まず最初に、
何が必要だと思いますか?

「うーん、散歩?」
「いや、日光を浴びること?」
「とりあえず、薬?」

色々思いつく
かもしれません。

答えは、
もっと根本的なものです。

以前、
こんな人がいました。

仮にAさんとします。

Aさんは、
精神科の先生に、
薬をもらうと同時に、、、

「太陽も浴びましょうね」

と言われました。

真面目なAさんは、

日焼け対策をして
サングラスと帽子をして、、、

毎日…毎日…
日光浴をしていました。

来る日も来る日も。。。

パニック障害
少しでも良くなれば、、、

そんな一心で、
日光浴を続けました。

ただ、
いっこうに良くなる
気配はありません。

「全然効果ないよ…」

Aさんのパニック障害
治ることはなく、

がっかりと
肩を落としました。。。

でもね、、、

僕に言わせると、、、

===================
残念ながら、Aさんの
日光浴効果はゼロ

===================

です。

お伝えするのが、
とっても心苦しいですが、、、

ずーーーっと
無駄な努力をしていたんです。。。

でもね、、、

Aさんも
がんばっていたんです。

病院の先生から言われたことを
忠実に守って、、、

毎日毎日、
一生懸命日光浴を
していました。

Aさんの最大のミスは、
正しいやり方を“知らなかった”こと

間違ったやり方を
繰り返していたんです。

そう、日光浴が

メンタルに良い影響を
与え始める条件は、、、

====================
「目」の
「網膜」から
「2500ルクス以上」の
「光(人工でも可)」を
「20分以上」浴びること

====================

これら条件を満たして、、、

初めてセロトニン神経」
働き出します。

そうすることで、、、

脳内ホルモンが分泌されて、

不安やパニックを
抑制し始めるのです。

どれか一つでも
欠けてしまっては、、、

効果は半減。

ましてや、
Aさんのように

目からの光を
サングラスや帽子で
シャットアウト
すると…

何の意味もなくなります。。。

でも、、、

「そんなこと言っても、
難しいし、わからないよ…」

「そもそもそんなこと
知らない…。。。」

そう、こんな情報、
ほとんどの人が知りません。

むしろ、
“知らないのが普通”なんです。。。

ちなみに日光浴は
あくまで一例。

パニック障害
克服するための本当の情報は…

もっともっと
たーーーくさんあります。

だから、まずは、、、

==================
「知る」ことから始める
==================

のが一番大切。

パニック障害
克服するための

貴重な第一歩は、
「知る」こと。

そして、、、

正しい行動を
正しく続ける
こと。

逆にいうと、
それだけなんです。

正しい行動を
正しく続けることさえできれば…

パニック障害
治せるんです。

そうやって
僕も治してきたし、、、

世界中のたくさんの人が
この方法で克服しています。

パニック障害は治らないと
思っていました…」

「そんなの全く知りませんでした…」

そう思っている人が
ほとんどです。

だから僕は、

とてもメールや
Twitterでは伝えきれないので…

WEBセミナー&説明会
という形で、無料開催します。

まずは、“知って”ほしいから

希望の話も、
厳しい現実も、

誠心誠意
お伝えしていきます。

ちなみに、
ガッカリするかもしれませんが…

パニック障害
自然治癒しません。。。

ついでに言うと、
薬でも治りません。。。
(一時的に症状を抑えることは可)

パニック障害
治すためには、

「根本から改善していく」
しかないんです。

そんな話を
明日じっくりしていきますね。

あなたと
お会いできることを
楽しみにしています。

=====================
脱!!パニック障害
WEBセミナー&説明会
10月30日(月)夜20時~

無料の参加予約はこちら:
https://retain-life.com/webinar10lp/
=====================

パニック障害
必ず治せる!

なお

追伸:

明日のWEBセミナー&説明会で
お伝えする内容です↓↓

セミナー&説明会の内容】
・「心の病気」という大嘘
パニック障害の本当の正体
・「何十年も薬漬け…」には理由があった
・あなたは“何も悪くない"という話
・パニックを抑える救世主物質
・医者は患者を治せない“制限"がある
パニック障害を本気で克服する方法

全部“知ってほしいこと”を
詰め込みました。

ここから逆転劇を
始めていきましょう。

なぜパニック克服を諦めるのか?

こんにちは。

パニック障害専門
コンサルタント

なおです。

パニック障害
もう治るとは思えません…」

すごく悲しいことに、
諦めの言葉を発する人がいます。

パニック障害
なってしまったら、、、

最初は、
なんとか治そうと抵抗します。

「なんとか治したい!」
「元の生活を取り戻したい…!」

そう思いつつも、、、

治らない、つらい体験を
積み重ねていくと、、、

段々と諦めが
入っていってしまいます。

「もう、治らないかも。。。」

たしかに、、、

・薬をずーっと飲んでいても
 よくならない状況

・ましてや薬が増える一方

・副作用も苦しい

・できないことも増えていく…

そんな状況で
希望を持ち続ける方が
難しいですよね。。。

だから、
諦めが入ってしまいます。

それは、

======================
「治らない…」という
敗北の経験を重ねてしまうから

======================

だから、

「もう無理なんだ」
「一生の付き合いなんだ…」

という気持ちが
生まれるのです。

この状態を
「学習性無力感」
といいます。

「どうせ無駄だ」
というのを学習してしまう状態です。

でも、、、

僕は、いつも言っています。

======================
パニック障害を克服するのは
本当に、やり方ひとつ

======================

パニック障害

カニズムも、原因も、
対処法も、今日からやるべき行動も、、、

全部わかっているんです。

解明されているんです。

その上で、、、

間違っている認識も、
世間の嘘も、
医者が言えないことも、、、

僕は
たくさんの裏側も見てきました。

だからこそ、
公平な立場で、何をすればいいか?
をお伝えすることができます。

ちょうど昨日、

僕が運営するパニック克服コミュニティでも
こんなメッセージが飛んできました。

「薬無しで過ごせている」

「ディズニーシーに
家族ででかけることができた!」

こういった報告が、、、

本当に、本当に、、、
心から嬉しいです…(T_T)

そう、パニック障害
正しい行動をすれば
改善していけるんです。

間違った方法を
ずっと続けていても
意味がありません。

いつでも、どんな時でも…
諦めないでいきましょう。

パニック障害
どんな構造になっているのか?

何をしていけばいいのか?

詳しい話が聞きたい方は、

10月30日に
WEBセミナー&説明会を行います。

締め切りは残りわずか。

参加希望の方は、
早めに予約しておいてくださいね。

=====================
脱!!パニック障害
WEBセミナー&説明会
10月30日(月)夜20時~

無料の参加予約はこちら:
https://retain-life.com/webinar10lp/
=====================

パニック障害
必ず治せる!

なお

追伸:

セミナー&説明会の内容】
・「心の病気」という大嘘
パニック障害の本当の正体
・「何十年も薬漬け…」には理由があった
・あなたは“何も悪くない"という話
・パニックを抑える救世主物質
・医者は患者を治せない“制限"がある
パニック障害を本気で克服する方法

パニック障害を一発で治す食べ物

こんばんは。

パニック障害専門
コンサルタント

なおです。

ごめんなさい。

このメールの件名は、
パニック障害を一発で治す食べ物」

それを期待して
開いたのであれば、、、

心から謝ります。

なぜなら、、、

========================
パニック障害を一発で治す食べ物
なんて“存在しない”
========================

前半では、
それ伝えていきます。

でも、メールの後半では、
希望の話もきちんとしていきますね(^^)

まず、、、

パニック障害を含む
あらゆる病気になった時、、、

「何を食べたらいいんだろう?」
「どんな食べ物が効くんだろう?」

多くの人が“食”に
関心を持ちます。

確かに、人間の体は
食べ物からできている。

だから、

パニック障害を一発で治す食べ物」

なんて言われると、、、

思わず飛びつきたく
なってしまいます。

ただ、、、
水を差すようで申し訳ないですが、

そんなものは
存在しません。。。

心苦しいですが、真実なので
僕はきちんとお伝えします。

パニック障害の原因は
「脳の誤作動」です。

つまり、、、

パニック障害
一発で治す食べ物』

とは、

『脳の誤作動を
一発で治す食べ物』

ってこと。

食べるだけで
脳の構造が変わる食べ物、、、

そんなの、
恐ろし過ぎますよね…(ノД`)

いうまでもありませんが、
脳は人間の大事な部分です。

ちょっとやそっとで変わらないように、
きちんとブロックする機関もあります。

だから、
食べるだけで脳が
変わってしまうなんてのは…

超!強力な薬でもないと
そんなことできません。。。

「そうか、食べ物でパニック障害を治すなんて
不可能なんですね…」

そうガッカリして
しまったかも知れません。

でもね、、、

ここからが後半戦。

======================
脳の誤作動の改善を
サポートする食べ物はある

======================

パニックや不安を
抑えてくれる、、、

セロトニン
という脳内ホルモンがあります。

セロトニンがしっかりと
作られると、、、

パニックや不安を止めることが
できるのです。

でも、、、

セロトニンの「材料」が
不足してしまうと、
満足に作ることができません。

だから、

セロトニンの材料を摂る」

↓↓↓

セロトニンを作り出す」

↓↓↓

「不安パニックを抑える」

この流れを
作り出す必要があります。

では、セロトニン
材料となるのは何か?

たんぱく質
トリプトファン
・ビタミンB6

などです。

それに加えて、
パニック障害を抑えるには、、、

・鉄分

の摂取も大切。

だから、これらの栄養を
意識して、、、

・レバー
・赤身の魚
・バナナ
・卵

を日常的に
食べていきましょう。

僕は、パニック障害
克服することに特化した
食事のことを、、、

『パニック栄養学』
と名付けました。

パニック栄養学を
知らずに食事をしていると、、、

セロトニンの材料が
不足してしまう可能性があります。

そうなると、セロトニン
満足に作り出すことができません。

だから、
セロトニン不足になり、

パニック障害
うつ病を発症する。

このように、、、

パニック障害
きちんと紐解いていけば…

「何をすればいいのか?」
の対処法が分かります。

何が正しくて、
何が間違っているのか?

どういう動きをすれば
少しずつでも回復に向かうのか?

残念ながら、、、

病院ではここまで深く
教えてくれることはありません。

日本の精神医学は、
薬物療法」がほとんどだから…。

そういった話を来週の、、、

「脱!!パニック障害
WEBセミナー&説明会」

でもお話ししています。

興味がある方は、
ぜひご参加ください。

参加費は『無料』です^^

今の現状を変える
きっかけになるかも知れません。

=====================
脱!!パニック障害
WEBセミナー&説明会
【日時】10月30日(月)夜20時~

無料の参加予約はこちら:
https://retain-life.com/webinar10lp/
=====================

本日も、

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

パニック障害
必ず治せる!

なお

追伸:

セミナー&説明会の内容】
・「心の病気」という大嘘
パニック障害の本当の正体
・「何十年も薬漬け…」には理由があった
・あなたは“何も悪くない"という話
・パニックを抑える救世主物質
・医者は患者を治せない“制限"がある
パニック障害を本気で克服する方法